松山容器の施設紹介

プラスチック選別施設

破袋から圧縮梱包まで、効率的な容器包装プラスチックの一貫処理を実現しました。 最新鋭の「位相差回転ドラム式破袋システム」と油圧式「自動圧縮梱包機」を組み込むことにより、 ペットボトルおよびその他プラスチックを、破袋から圧縮梱包まで、効率的に処理します。

  • 圧縮梱包プラント

    破袋から圧縮梱包まで、効率的な容器包装プラスチックの一貫処理を実現しました。

  • ゴミ袋の投入

    分別収集によりごみピットに溜められた容器包装プラスチックのごみ袋を、受入ホッパに投入します。

  • ゴミ袋の搬送

    受入ホッパに投入されたごみ袋を、受入コンベアで破袋機に搬送します。

  • 破集袋

    破袋機でごみ袋を破り、中のプラスチックごみを取り出します。 この破袋機は位相差回転ドラム式を採用していいるため、確実に効率よく破袋できます。 ごみを入れていた袋は別回収されます。

  • 容器包装プラスチックの搬送

    袋から出された容器包装プラスチックと破られた袋は、搬送コンベアで手選別コンベアへと送られます。

  • 選別

    手選別コンベア上のプラスチックごみから、ペットボトルと不適物を選り分け、それぞれ専門のホッパに投入します。 その他プラスチックはそのまま専用ホッパへ自動搬送されます。

  • 容器包装プラスチックの圧縮梱包

    ホッパに投入されたペットボトルとその他プラスチックは、一定の量が貯まると、 それぞれの油圧式自動圧縮梱包機によってコンパクトに圧縮・梱包されます。

  • 梱包済み容器包装プラスチックのストックヤード

    梱包済みのペットボトルおよびその他のプラスチックを貯留します。 これらの梱包されたプラスチックは、大きさが均一なため整理や搬送がしやすく、 臭気もほとんどありません。

▲TOPへ戻る

焼却炉・プレス機

焼却炉

ダイオキシン類特別措置法に適合した焼却炉で、主に病院などから排出される。 感染性産業廃棄物を適正に焼却致します。

⇒施設施設維持管理状況

プレス機

輸送コストを抑えるため圧縮・減容され、ブロック状に固められます。

▲TOPへ戻る

発砲スチロール溶融固化・プラスチック類破砕

発砲スチロール溶融固化

発泡スチロール溶融機で溶かし、再び固める事で運送費の削減に繋がります。
その後、プラスチックの素材として再利用されます。

プラスチック類破砕

かさばるプラスチック類は、輸送効率を上げる為に破砕します。

▲TOPへ戻る

ビン・缶選別施設

  • 資源ごみプラットフォーム

    資源ごみの中から不適物を取り除き、受入ホッパへ投入します。

  • 破袋機

    ごみ袋を切り裂き、内容物を手選別コンベヤへ送ります。

  • 手選別コンベヤ

    不適物を取り除き、カレット(ガラス、ビン類)を(白・茶・雑色)に手選別します。 手前右側はアルミ選別装置で磁石の反発力でアルミ缶を飛ばし、回収します。

  • 破選機

    強力な磁石で鉄類を回収します。

  • 貯留ヤード

    回収した鉄類やアルミ、カレット等を部門別に一時貯留し、適時搬出します。

  • 金属プレス機

    鉄類、アルミを個別に圧縮成形します。

▲TOPへ戻る

蛍光管破砕機

蛍光管破砕機

蛍光灯を破砕し密閉ドラムへ詰め、リサイクル業者へ引き渡します。なお、付属の集塵機にて破砕時に発生する水銀蒸気やガラス片、蛍光塗料などが飛散しない様吸着し、安全でクリーンな空気を排出しています。

▲TOPへ戻る

HDD破壊機

廃棄するハードディスクのデータは、OS上で削除しても完全には消去できません。 機械にて、ハードディスクのプライバシーデータが保存されている部分に穴を空け、データを完全破壊します。 穴あけ後、リサイクルします。

▲TOPへ戻る

シュレッダールーム

大型シュレッダー

シュレッダールームは厳重なセキュリティにより、部外者の侵入・機密書類等の盗難を防ぎます。 当日に破砕しきれなかった機密書類等も、専用の保管庫に入れて、施錠を行い保管いたします。 シュレッダールーム自体にも警備をかけますので二重ブロックで完全に保管し破砕いたします。 多量に廃棄される場合でも責任もって、破壊・保管いたします。

▲TOPへ戻る お問合せ